MENU
TOP PAGE 〉  〉 営業マンは社内業務をいかに効率良く行うかが重要である

営業マンは社内業務をいかに効率良く行うかが重要である

営業マンをしている人は1日にお客様先を何軒も訪問して忙しい毎日を送っていることだろう。営業マンの基本はお客様とのコンタクト回数を増やし信頼感を上げることなので、これはある程度仕方がない。一般的に結果を出している営業マンは、お客様訪問回数が多い。それだけお客様から情報をもらい、その情報をもとにお客様に最適な提案をしているということだろう
 
Computer keyboard with e-mail key

Computer keyboard with e-mail key

とはいっても営業マンの仕事はお客様訪問だけではない。訪問以外の社内業務もたくさんあるので、それを同時にこなさなくてはならない。訪問回数が多くなればなるほど、お客様からの依頼事項も増え、社内業務も増える。よって訪問をすればするほど仕事量は確実に多くなる。効率の良い営業マンは移動時間などにパソコンを開いて社内業務を済ませることもあるが、正直なところそれでも社内業務が終わらない人は多いだろう。
 
営業マンは原則日中はお客様訪問になるため、社内業務は朝か夜にやることになる。ただそれでも時間的に足りなくなることが多いので、夜中まで徹夜して社内業務をこなす営業マンもいる。巷ではワークライフバランスとは言われていても、営業マンは日中社内業務ができないことが多いので、ある程度残業をすることは仕方がないだろう。そもそも残業代が給与にあらかじめ含まれている(みなし残業制)を取っている企業も多い。
 
社内業務といってもいろいろな種類がある。見積作成、資料作成、社内手配、ノルマ管理など、コスト削減によって一人一人の営業マンの業務量が多くなっている正直営業マンの仕事はお客様訪問だけではないというのが現状である。逆に言えば社内業務をいかに効率よくこなすかによって、お客様訪問をどれだけ多くできるかが決まるのである。
 
私が社内業務を行う上でポイントとしていることがいくつかある。
 
1.社内業務は原則朝に行う
考えてみてほしい。お客様訪問で疲労困憊の中、帰ってきてから社内業務をこなすとする。そんな中でよいアイディアが生まれるだろうか。ミスの許されない細かい仕事ができるだろうか。答えはNoである。アイディアが必要な社内業務、もしくはミスが許されない社内業務はできるだけ朝に行うべきである。朝であればまだ頭もすっきりしていて、自分の脳みそを最大限活用することができる。よって営業マンの場合、ある程度早起きして社内業務に取り組む必要があるだろう。
 
2.社内業務はできるだけ誰かに任せる
営業マンの本来の仕事はお客様を訪問することである。しかし現状は社内業務が多くなってしまい、お客様訪問の数が少なくなってしまうというジレンマがある。だったら社内業務はできるだけ他人に任せるのが良い。優秀な営業マンはこの辺りが上手である。特に他人に頼むときの頼み方が上手なので、頼まれた方も素直に従ってしまう。もちろんGive & takeが基本なのでその分はどこかで補わなくてはならない。
 
3.社内業務を効率的に行う方法がないかどうかしっかりと考える
社内業務が出てくると何も考えずに取り組んでしまう人が多い。しかしそれでは社内業務は減らない。社内業務が出てきたら、それを効率よくこなす方法がないかどうかまず考えるべきである。もちろんその中に他人に頼むという一つの選択肢がある。また、よく考えてみるとその社内業務は不要になる可能性もある。社内業務が出てきたらまずは一呼吸おいて、その社内業務をこなす一番効率の良い方法を考えるべきである。
 
このように社内業務をいかに効率よく行うかが現代の営業マンにとっては大事になってくる。そもそもお客様から仕事を取ってこなければ営業マンとしての仕事を果たしているとは言えない。そのためにいかにお客様と会う時間を作るか、それを真剣に考える必要がある。社内業務でお客様訪問する時間がありませんでした・・・では営業マンとしての仕事を果たしていることにはならないのである。
 
ただしまだ若い営業マンにとっては社内業務をしっかりと学ぶことも大事だったりする。そもそも会社というのがどのような体制で行われているのか、どんな人たちが関わっているのかなどを学ぶことで、お客様の会社内の動きも想像できるようになってくる。もちろん営業マンとして成長するためにお客様先にも数多く訪問する必要もあるので、そういう意味では若い営業マンが一番時間的には大変かもしれない

明石 健夫

WRITER

Takeo Aakashi

明石 健夫

メジャーアップデート により2015年バージョンが登場し、ますますPhotoshop CCで使える機能が増えています。より多彩な機能を備えたPhotoshopを使えば、あらゆる表現が可能です。
今回は、Photoshopテクニックを手軽に学べるチュートリアルをご紹介します。

このライターの記事一覧
Category
人気記事ランキング